@
Amazon Prime Student 6ヶ月無料体験!

【CASEFINITE・FrostAir】話題の iPhone ケース・フロストエアを使ってみたら最高だった!その②【メタリックブルー・ iPhone 12 Pro Max 】

iPhone ケース大好き!すし😇なめろう ( @namero_sushi ) です!

今回は前回の続き、話題の iPhone ケース・フロストエアを使ってみたときの開封レポート。

iPhone ケースを買ったけどやたら分厚くなってしまった。スリムで薄い良いケースがないかな?

同じお悩みのみなさんにお送りするのが、 CASEFINITE の FrostAir ( フロストエア )。

前回の記事でやらかしてケースを誤って注文した旨を報告いたしました。面目ない。

【CASEFINITE・FrostAir】話題の iPhone ケース・フロストエアを使ってみたら最高だった!その①【iPhone 12 Pro 用だと?・やらかした!】

今回はしっかり iPhone 12 Pro Max 向け商品を入手しました。

これはリベンジ必至!

それでは本編をどうぞ。

話題の iPhone ケース・フロストエアを使ってみたら最高だった! – 翌日到着

ご存知世界最高峰の E コマースサイトとして名高い Amazon 様。

そして流石 Amazon プライム会員のワイ。注文してちゃんと翌日には届きました!

ありがとう Amazon 、そしてワイ。良かった良かった。

話題の iPhone ケース・フロストエアを使ってみたら最高だった! – あらためて外箱・梱包物

さて再度開封の儀。

だいたい分かってしまいましたがお約束。

こちら、やたら高級感のあるパケージ。( 知ってた )

iphone12-case-10-photo-001

パッケージをオープンする喜びは iPhone 本体にも通ずるものがあると言っても過言ではないはず。

iphone12-case-10-photo-002

同梱物もシンプルにして必要十分なもの。実質 iPhone ケースのみと言う潔さです。

iphone12-case-10-photo-003

昨日も見た “Hello There !” つまりはこんにちはですが、昨日調べました。

iphone12-case-10-photo-004

そして見なくても良いマニュアルカードですね。

いえ、外し方は確認しておいた方が良いです。

さあ、本体のおでましです。ング、軽っ!これは軽いぞー

iphone12-case-10-photo-007

繰り返しになりますが、フロストとは “霜” と言う意味。Air は空気ですので “空気霜” との命名か!つまりどう言うことだ!?

同梱物一覧をまとめておきますが特に何も言うことはありません。

CASEFINITE・FrostAir 同梱物一覧
  • CASEFINITE FrostAir メタリックブルー
  • マニュアル
  • Hello There ! と書かれたカード

話題の iPhone ケース・フロストエアを使ってみたら最高だった! – iPhone 12 Pro 用とちょっと比較

あーあ、前回の記事でも書きましたが iPhone 12 Pro 用のを誤って注文してしまい、書い直したのですが…

比べてみるとこんな感じですね。

iPhone 12 Pro Max 用がだいぶデカいです。

iphone12-case-10-photo-008

ほれ、全然違う。

余ったこれどうすりゃいいの?

話題の iPhone ケース・フロストエアを使ってみたら最高だった! – 本体・サイズ感・触感など

さあ気を取り直して、まだまだ勝負は始まったばかり。

序盤で落ち込んでいては後が続かない。

はい、こちら上が見切れている CASEFINITE FrostAir ifor Phone 12 Pro Max メタリックブルー!いい色だ。

iphone12-case-10-photo-011

薄い!そしてとにかく軽い!

iphone12-case-10-photo-012

なんと!薄さ約 0.65 mm、そして重さ約 8 g !驚異的なサイズと言えましょう。

iphone12-case-10-photo-013

スピーカーホールは個々に穴を設けるサイズ。同様に各スイッチもホールが開けられたタイプですね。

スイッチの上からケースで覆うタイプもありますが、この薄さなら構造としての選択設計に誤りはないでしょう。

iphone12-case-10-photo-014

このようにしなやか素材。グニャグニャと言う話も聞きましたが、そんなことは無いですね。

結構張りがありしっかりしていると思います。後述しますが iPhone とぴったり一体化して、ケースが浮くようなことは全く無いと思います。

iphone12-case-10-photo-015

これは期待できるやつ。

話題の iPhone ケース・フロストエアを使ってみたら最高だった! – さっそく使ってみる

さあ、早速装着してみましょう。

その前に…

話題の iPhone ケース・フロストエアを使ってみたら最高だった! – iPhone のケースを剥がしてクリーニング

以下の記事でご紹介した iPhone クリーニングセットで、iPhone 本体を掃除しておきましょう。

【iPhone お掃除セット】汚れたスマホがあっという間にキレイになるお手入れツールのご紹介!その①【カメラ用クリーニングセット】 【iPhone お掃除セット】汚れたスマホがあっという間にキレイになるお手入れツールのご紹介!その②【カメラ用クリーニングセット】

お、ピッカピカになりましたよ。

[話題の iPhone ケース・フロストエアを使ってみたら最高だった! – 装着

ケースも装着前に、クリーニングセットのエアーブローを使って軽く埃を吹き飛ばしておきましょう

コツとしては装着までケースの装着面を上に向けないこと。埃の付着を防ぐためです。

iphone12-case-10-photo-016

はい装着。装着はただはめるだけです。パコ。

iphone12-case-10-photo-017

おおおぉおっー!

話題の iPhone ケース・フロストエアを使ってみたら最高だった! – 美しすぎる外観

ファースト感想としては感動しました。

え?iPhone 12 Pro Max ってこんなに薄くて細かったっけ?これがジャストサイズだったんだ。

美しすぎる外観 – 正面・液晶面

まずは真正面からですね。ケースの厚みがない ( ないことはない )

iphone12-case-10-photo-018

おおーエアー!iPhone 自体こんなに軽かったっけ?

iphone12-case-10-photo-020

美しすぎる外観 – 背面・レンズカメラ側

そして問題の背面ですが…

iphone12-case-10-photo-019

美しい!つまり二つ目の感想は美しいです。

iphone12-case-10-photo-021

メタリックブルーが綺麗だわ。

美しすぎる外観 – 側面・マナーボタン側

はい次々行きます。マナーボタン側側面です。

こうやってみると本当に薄いことがわかります。ボタンホールからボタンの頭が覗いていますね。

iphone12-case-10-photo-024

美しすぎる外観 – 側面・パワーボタン側

パワーボタン側の側面です。

飛び出たカメラレンズの厚みは無視して、とにかく iPhone 本体をぴったりカバーする事のみ追求した一品。

iPhone 12 Pro ってこんなに薄かったんだ…知らなかった。

iphone12-case-10-photo-027

美しすぎる外観 – 底面

はい底面。スピーカーホールの位置にぴったり一致していますね。

iphone12-case-10-photo-028

ただちょっとだけ Lightning ポートのホールがズレているような気が…

iphone12-case-10-photo-029

美しすぎる外観 – カメラ周り

みなさん気になるのは、カメラ周りのデザインじゃないかと思います。

なのでここは写真多めで紹介する企画です。

iphone12-case-10-photo-030

もちろんカメラ・レンズ部分は剥き出しです。ですがこれは昨今の iPhone ケース・カバー設計としてジャスティスかもしれません。

iphone12-case-10-photo-031

ケース・カバーではカメラ・レンズを覆わない。カバーしたい場合は専用のレンズカバーを使用するのが正解なんでしょうね。

iphone12-case-10-photo-032

私も最近までレンズカバーを使用していましたが、しばらくカメラ・レンズ部分は剥き出しで運用することにしています。

もっともフロストエアでカメラ・レンズ部分を保護していないわけではありません。

実は辺縁が少しだけレンズより高い設計になっています。

iphone12-case-10-photo-033

そう、本当に少しだけ高い。もうこれはこだわりとしか考えられない。

iphone12-case-10-photo-034

ギリギリまで設計を突き詰めた結果のこの微妙なラインなんでしょうね。

iphone12-case-10-photo-035

本当にギリギリですが明らかに辺縁がレンズより高い構造になっています。

美しすぎる外観 – 質感

私が伝えたいのがこの素材の質感ですね。

まず手に取ってサラサラ、すべすべ。写真で伝えるのが難しい。もどかしい。

そして気がついたのは指紋が全然つかないですね。これは嬉しい誤算。

美しすぎる外観 – 辺縁部

とにかくジャストサイズ。弾力のある素材ながら iPhone とジャストサイズに作られていることもあり、むしろ安定感があります。

iphone12-case-10-photo-039

どの角もぴったりジャストフィット。

iphone12-case-10-photo-040

ノッチ周りの写真から。辺の部分も膨らんだり寄れがあったりすることはありません。

iphone12-case-10-photo-041

美しすぎる外観 – 面の位置 ( 液晶フィルムに対する高さ )

前面・液晶側の縁の高さを確認すると…

液晶ガラスフィルムを貼っている状態で、微妙に縁が高いです。

つまりそこそこ辺縁が高い設計ですが、これはガラスフィルムを貼ってなお液晶面を保護できる高さですね。

iphone12-case-10-photo-042

これもカメラ・レンズ周りの設計と同様に本当に微妙なラインを攻めています。

話題の iPhone ケース・フロストエアを使ってみたら最高だった! – 所感

良いところ、悪いところをちょっとまとめてみましょう。

話題の iPhone ケース・フロストエアを使ってみたら最高だった! – 良かったところ

観て美しい、持ってサラサラすべすべ食感のケースです。まずは気に入りました。

厚さ 0.65 mm 本体重量約 8 g は伊達ではなく本当に厚みを感じません。

細かいところまで、とにかく小さく小さく設計されています。iPhone を手に取ったとき、同じ iPhone か?と思うほど小さく感じます。

また iPhone が軽くなった感じが本当にします。これまでのカバーが如何に重かったかと言うことでしょう。

手に取った時の触感が実に心地よく、指さきで撫で回してしまいます。また指紋も付きにくい素材です。

話題の iPhone ケース・フロストエアを使ってみたら最高だった! – 少し不満なところ

率直に言いまして、防御力はほぼ無いと言っておいた方が良いと思います

ポリプロピレン素材で厚さ 0.65 mm となると耐衝撃性能は皆無かもしれません。

落とさないことが大前提です。

素材がすべすべすぎて、手を滑らせて落としてしまわないか心配です。

通常の使用で本体に傷をつけないためのカバーと言って良いでしょう。

また、背面のカメラレンズ部分の出っ張りはカバーしているものの、背面を平な面に置く時のかたついてしまいます。

透過性のある素材ではないです。そのため背面のアップルマークは見えません。また iPhone 本体のパシフィックブルーは完全に隠れてしまいます

最初は感動したのですが、しばらく見ているとそれほど素材に高級感を感じられなくなります。これは感覚的なものですが。


不満なところの方が長くなってしまいました。いえ、実際はかなり気に入っています。落とさないように気をつけて使いましょう。

さて… iPhone 12 Pro の方どうしたら…

iphone12-case-10-photo-043

今日のどたんば!

正直 iPhone 12 Pro Max を使っていて、とにかく厚いと感じていました。iPhone XS Max からの乗り換えですが、以前の側面がラウンドした設計時に比べて、シャープになっているものの結局厚くなったなと。

ですが、今回のケースの使用で誤りであることがわかりました。

iPhone 12 はむしろ薄い設計に生まれ変わっていたんですね。

申し訳ない、今更気がつきました。

いや、ケース・カバー次第でこんなにもちがうものなんです。

iPhone ケース大好き!すし😇なめろう ( @namero_sushi ) でした!

大好きすぎてもうどうして良いか分かりません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは投稿できないことをご了承ください。