@
Amazon Prime Student 6ヶ月無料体験!

【2021年最新!】iPhone 12 Pro Max おすすめ背面クリアバンパーケースレビュー【NIMASO・TPU バンパー・PC クリアカバー】

iPhone 12 Pro Max と iPhone ケース大好き!すし😇なめろう ( @namero_sushi ) です!

iPhone を購入すると必ず買うもの。それはもちろん iPhone ケースですね。

今回は iPhone 12 Pro Max 用背面クリアバンパーケースの装着・使用レポートをお届けします。

選んだのは、NIMASO iPhone 12 Pro Max クリアバンパーケース

ワイヤレス充電対応、PC と TPU 素材を利用したハイブリッド iPhone ケースです。

まず先に、NIMASO iPhone 12 Pro Max クリアバンパーケースの装着具合を見てもらいましょう。

良い。

ほお〜 シックなおもむき。パシフィックブルーの色が映えるもの。

特徴としては、黒い本体の枠の部分は TPU 素材を使用したソフトバンパー

手に持った時のホールド感を高め、落下時の衝撃を吸収する設計となっています。

そして背面は透明な PC ( ポリカーボネート) のハードカバー!

NIMASO の iPhone クリアバンパーケースはこれまでも iPhone XS ・iPhone 11 Pro とリピートしてきましたが、

iPhone 12 への対応を機に、多少モデルチェンジをしております。

最後に旧モデルとの比較も合わせてどうぞ。

NIMASO iPhone 12 Pro Max クリアバンパーケース

NIMASO iPhone 12 Pro Max クリアバンパーケース – 開封

NIMASO iPhone 12 Pro Max クリアバンパーケース

これから購入を検討する人に向け、開封から装着までのレビューをお届けします。

内容物の確認も順をおって見ていきましょう。

まずは外箱からどうぞ。いつもの NIMASO ブラック、いつもの金文字ですね。

内容物は基本ケース本体のみです。付属品が少々。

内封物
  • 背面クリアタイプ TPU バンパーケース x 1
  • 付属品 ( 黒い袋 )

袋から付属品を取り出して見ました。こんな感じ。

その他の付属品
  • アルコールパッド x 2
  • マイクロファイバークロス x 1
  • 説明書
  • 交換用パワーボタン・音量ボタンカバー ( 赤 x 1 黄 x 1 セットずつ )

そう、交換用のパワーボタン・音量ボタンカバーが、赤と黄いろが 1 セットずつ付属します。

これは嬉しいサービス。( 私は使わないかな… )

NIMASO iPhone 12 Pro Max クリアバンパーケース – 装着

NIMASO iPhone 12 Pro Max クリアバンパーケース

iPhone ケースは装着するだけ。そう思っている方が多いと思います。

まったくそのとおりです。間違いありません。

ただし、ちょっとしたコツはあります。

まず説明書通りにカバー内部を付属のアルコールシートで掃除し、その後で残ったアルコール分をファイバークロスで拭き取ります。

このとき、ケースを下向きにし、決して上を向けないことが以外に重要です。

特にクリアケースの場合、ちょっとしたホコリが気になるものです。ガラスフィルムと同じぐらい気を使ってちょうど良い。

そして iPhone 本体も同様にアルコールパッド〜ファイバークロスで綺麗にしておきます。

さあ、準備がととのったらいよいよ装着!

装着は一瞬です!

ほらこの通り…右上にゴミ混入…

結局入ってしまったゴミは置いておいて、ケース背面の保護シートを剥がします。

ペローんと。

ほれ…右上にゴミ…

液晶画面側がこちら。ほら文鎮。

カメラ周りのデザインがいつも感心する出来栄え!今回も脱帽!

NIMASO iPhone 12 Pro Max クリアバンパーケース – 装着感・細部の確認

NIMASO iPhone 12 Pro Max クリアバンパーケース

ボタン周りから準備細かいところを見ていただきます。

まずは電源ボタンですが、それより背面のカメラ周りが凛々しい!深いな。

捜査感もカチカチと良好です。

サイレントボタンと音量ボタン側もシンプルに、とにかくシンプルにまとめました。

これだけ拡大しても造形の精密さが iphone 本体と遜色ない。

今回ちょっとがっかりしたのが、ボディ下部のスピーカー周り。

ざっくりホールを開けたスタイル。ま、これが普通なんですけどね。

ちなみにこちらは旧モデル iPhone XS Max 用の NIMASO のクリアバンパーケース。

この通りスピーカーホール1つ1つに合わせて穴が正確に開けられているタイプ。

できればこうして欲しかったけど…

でもこのケース良いんです。

NIMASO iPhone 12 Pro Max クリアバンパーケース – カメラ周り・保護性能

NIMASO iPhone 12 Pro Max クリアバンパーケース

そして絶対に気になるのがカメラ周りのデザイン。そして保護性能でしょう。そうでないとおかしい。

まずは iPhone 12 Pro Max のカメラとレンズ周り、こうしてみるとこれまでより立体的に作られていることがよくわかる。

そしてこのカメラレンズを守るため、ケースのカメラ周りの縁が高く隆起している造形になっていますね。

下の写真でもそう。カメラレンズが本格的に突き出している。

これは、どんなにカバーが頑張ってもシンプルなデザインにはならない気がしてきました…

ケースのカメラ周りの枠部分が、カメラを守るように隆起しています。

しかしこれでは、テーブルなど平らな所に iPhone を置いたとき安定するかどうなるのか!?結構ガタついてしまうのではないか?

ところがこれが大丈夫。

カメラ部分の他の角も少し高く設計することで解決しています。

ご覧の通り。

わかりますでしょうか?ぱっと見気づかないぐらいに背面の角が高くなっています。

この構造のおかげて iPhone をガタつかずに安定して平らな所に置いて置くことができるんですね!

正直言うと…

正直言いますと、少々のかたつきがありました。

もう少しだけ角の高さを高くすればピッタリと床に置けますが、そうすると角の高さが目立ちますからね。

微妙なラインでしょう。

NIMASO iPhone 12 Pro Max クリアバンパーケース – ガラスフィルムとの組み合わせを見てみよう。

iPhone 12 Pro Max 向けの 強化ガラスフィルムについて、以下の記事で使用感、装着具合など詳しくレポートしております

【2021年最新!】iPhone 12 Pro Max おすすめ 強化ガラスフィルム レビュー!・6.7 インチ【NIMASO・2枚組み・ガイド枠】

この記事でも書いておりますが、NIMASO では iPhone 12 向けの全画面タイプのガラスフィルムの提供がなく、ヘリに縁のあるタイプを使っています。

もちろん干渉することはありませんが、全画面タイプではないため、ケースとガラスフィルムとの間に多少の隙間がありますね。

隙間と言ってもこれだけ精密に作られていれば気にならない。むしろこの正確な印象が気持ち良い。

ついでと言っては何ですが Apple マークの周りを見ると、エンボス加工がわかります。

これは、ケースと iPhone との張り付きを防ぐため。

そして、旧モデルよりエンボスが目立たなくなっています。

こちらは iPhone XS Max で使用していた旧モデルですが、エンボスがそこそこ目立ちますね。

エンボスのドットが気になる方もいらっしゃる様ですので、これは嬉しい改善!

最後にもう一度全体をみてみましょう。

正直申しますとケースのマイナーチェンジ、デザイン変更があり、最初は不満がありました。

でもさすが NIMASO 地味な様で使えってみて、眺めてみてどんどん気に入ってきました。

この無骨で地味な感じがむしろ iPhone の華やかさがケースの中に秘められるのでしょうか?

不思議なケースなんですよね。

今日のどたんば!

NIMASO の iPhone クリアバンパーケース は何度もリピート購入し、これまで散々紹介してきました。

でもあまり使っている人見かけないんですよね。なぜなのか?

それは派手さがなく、地味な印象もあるからだと思います。

どうしてもキラキラしているか、ゴツゴツか、またはやたらポップなケース・カバーに目が言ってしまいます。

街でみなさんが使っている iPhone ケースを見ると、もったいないなと… そのデザイン iPhone に合わないなと思うことも少なくありません。

今回も紹介した NIMASO iPhone ケースはとにかく最小限のデザイン、最小限の機能にまとめてます。

この主張のないケースが、使ってみてこんなに iPhone にマッチするのがほんと不思議なんです。

使っている人が少ないのも、逆におすすめポイントかもしれませんね!

iPhone 12 Pro Max と iPhone ケース大好き!すし😇なめろう ( @namero_sushi ) でした!

大好きすぎてもうどうして良いか分かりません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは投稿できないことをご了承ください。