Google アナリティクス 自分からのアクセスを除外する方法 – テーマ SANGO の場合

スポンサーリンク

すし☆なめたろう ( @namero_sushi ) です!

今日は WordPress のお話し。

WordPress をお使いのみなさん Google アナリティクスをお使いと思いますが、自分からのアクセスは除外しておりますでしょうか。

特にブログを始めたばかりでアクセスが少ない場合、表示されるカウントのほとんどが自分からのアクセスだったりします。

( なめたろうもそうでした )

つまりこういうこと。

せっかくブログを始めたのに、どれぐらいアクセスがあるかよくわからないな…

そんなお嘆きの貴兄に…

なめたろうが実際にやっている、アクセス除外方法を紹介するよ!

人気の WordPress テーマ “SANGO” について

今回 WordPress 子テーマ “function.php” を修正する関係で、テーマ を絞って記載しています。

WordPress テーマ “SANGO” 本当に人気がありますね。

去年 ( 2017年 ) 9月にリリースされて以来、テーマを乗り換えたというブログ記事をたくさん拝見しました。

また、最近ブログを始められた方で、テーマに “SANGO” を選ばれた方も多くいらっしゃる様子。

実はなめたろうも購入しておりまして、別のブログでありがたく使わせていただいております。

そこで今回は “SANGO” 向けの記事とさせていただきました。

 

今回「 Web Food  – Webで食う技術を学ぶメディア。」さまの記事を参考にして、テーマ “SANGO” に導入するさい工夫したことを記載しております。

本記事参照後、ぜひ以下の記事をご覧いただければさいわいです。

Googleアナリティクスで自分を除外する最善の方法はこれ!もう悩まない!

 

アクセス除外方法はローカルストレージを使った方法の一択

様々ありますが、主に以下の方法によりGoogle アナリティクスから自分のアクセスを除外することができますね。

  1. 自アクセスのIPアドレスを除外する
  2. ブラウザにアクセス除外するアドオンをインストールする
  3. Cookie を利用する方法
  4. ローカルストレージを用いる方法

 

どれを用いても除外することは可能ですが、以下の理由により “❹ ローカルストレージを用いる方法” が確実で、かつ永続的です。

 

1. 自アクセスのIPアドレスを除外する

アクセス時の IP アドレスをGoogle アナリティクスに登録することにより除外する方法です。

自社でグローバル IP アドレスをお持ちである場合はこの方法が良いでしょう。

ただし PC やスマホまたはタブレットなど、プロバイダやキャリアの都合で、アクセス元IPアドレズ変更されてしまうと除外できなくなります。

2. ブラウザにアクセス除外するアドオンをインストールする

Google が提供するアドオンプログラム ( オプトアウトアドオン ) をブラウザにインストールする方法です。

PC 向けには “Chrome” “Firefox” “Safari” など主要なブラウザ向けに オプトアウトアドオン が提供されております。

ただし現在のところスマホやタブレット版 オプトアウトアドオン は提供されておりません。

スマホからのアクセスが多いと考えるとあまり有効ではありません。

Cookie に特定のデータを埋め込み Google アナリティクスの設定により除外する方法です。

これは Web サイトに 特定のデータを入れた Cookie を埋めこむページを作り、またGoogle アナリティクスで該当の Cookie を除外する設定を行います。

この方法はやることが多く、設定が煩雑でうまくいったという情報も見つかりませんでした。

4.ローカルストレージを用いる方法

今回説明する方法です。

ローカルストレージとはローカルにデータを保存する仕組であり、cookie に似ていますが、多くのデータを保存でき javascript で制御がしやすいと言った特徴があります。

ローカルストレージが使えるかどうかはブラウザに依存しますが、主流のブラウザであれば問題なく使えること、また iPhone などのスマホやタブレットでも同様に利用可能であることから、ローカルストレージを使った方法がもっとも確実です。

 

スポンサーリンク

 

ローカルストレージを用いる方法による自アクセスの除外

今回の以下の2つの設定を行います。

  1. 子テーマの “function.php” の修正 ( コード追記 )
  2. 簡単なブックマークレットの作成

 

“function.php” の修正では、WordPress テーマの機能より、トラッキングコード を埋め込む制御に修正を加えます。

また、制御に条件を加える今回簡単な ブックマークレットを javascript で作成します。

 

子テーマの “function.php” の修正 ( コード追記 )

子テーマの “function.php” にコードを追記することにより、親テーマのソース “sng-function.php” の一部関数を修正します。

具体的には、アナリスティクスのコードを挿入する関数 “add_GA_code” の置き換えを行います。

 

子テーマの “function.php” は必ずバックアップを取ってから修正してください。動作に問題が生じたら直ぐに戻せるようにしておきましょう。

“function.php” のバックアップを行なった後、以下のコードを追記します。

 

修正内容を簡単に説明しておきます。

まず、冒頭のこの部分で親テーマの関数を削除します。

 

次に、以下の部分で新たに関数 add_GA_code_child を定義します。

 

最後に新たに定義した関数を WordPress に登録します。

 

新たに定義した関数 “add_GA_code_child” ですが、親テーマの関数 “add_GA_code” に条件分岐を単純に加えているだけです。

“gtagjs” にチェックが入っている場合、いない場合それぞれ実行されるスクリプトがありますが、それぞれ以下追記しています。

 

 

ブックマークレット の作成

次にブラウザのローカルストレージキー “ga_exclude” に、値 “1” を追加する、ブックマークレットを作成します。

ブラウザ用でブックマークレットを作成し、以下の javascript をブックマークレットに埋め込みます。

 

どのブラウザでも基本的な操作は同じですが、Chrome の場合で順に説明します。

Chromeを開きます。ページはなんでもよいので仮にブックマークします。

 

保存先はブックマークバーとして、その他はそのまま保存します。

 

ブックマークバーより、作成したブックマークを右クリックし、「編集…」を選択します。

 

「ブックマークを編集」画面で以下のように設定変更します。

名前はわかりやすい名称にすれば良いです。URL に先ほどの javascript 文を入力し保存します。

 

これで、ブックマークの準備は完了です。

 

スポンサーリンク

 

ブックマークレットの使い方

ブラウザから “function.php” を修正した自分のサイトを開きます。

その状態でブックマークバーからブックマークレットをクリックすればローカルストレージにキーが登録されます。

 

スマホやタブレットでも同様です。

 

Chrome のデベロッパーツールを用いて確認すると、ローカルストレージ” のキー “ga_exclude” に値 “1” が格納されています。

 

Google アナリティクスを見ると、ブックマークレットをクリックしたブラウザからのアクセスは除外されることが確認できます。

( ブックマークレットをクリックしたPC からのアクセスが除外され、iPhone からのアクセスがカウントされている例 )

 

以上です。

補足としてはクッキーと違い、永続的に有効になりますので、一度設定すると自分でキャッシュをクリアしない限り自アクセスは除外されたままになります。

最初ひと手間ありますが、設定してしまえば楽ですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ!

実際に自アクセスが気になるのは、ブログを開設した当初だけなんですけどね。

アクセスが増えるにつれて、たまたま自分でアクセスした数はほとんど誤差になるものだと思います。

…なめたろうは、今でも気になって仕方ありませんが…

なめたろうでした!

スポンサーリンク

ボタンをクリックして記事をシェア! ¶(⁄•˅̮•∖)⁋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

7才男児子育て中のパワハラそして潰瘍性大腸炎から生還した永遠の51歳今年52歳の初音ミクさんそしてバリ島が大好きすぎる転職のプロがお届けする人生どたんばでいろんな夢を叶えるブログ! 2016年3月に開設し、これまで1万枚近くの iPhone ケースを売り上げる実績を残しながら、収益はすべて使い果たす偉業を成し遂げました!