AWS ( Amazon Web Services ) から突然請求が来たはなし

スポンサーリンク

なめろうです!

ご無沙汰しています。

また相変わらず投稿できていませんね。さて…

みなさまご存知の Amazon Web Service … いわゆる AWS ですが、なめろうもお試しでEC2インスタンスを一つ作ったことがありました。

いつの事やら…

で、長年放置していたのですが、先日突然使用量の請求が来ましたよ。

20180706_aws-01.png

なぬ?

「解せぬ」

と、いうわけでほっとくわけにも行かないので調べてみましたよ!

突然請求が来た!そして7月も…

と、いうわけで AWS のページを久々に開いて見た所…

20180706_aws-02.png

ファ!

今月も料金発生しとるがな…

あれ、今月なんかやらかしたたかな…

なぜ使用量が発生したのか?なんの使用量なのか?

しょうがないので調べましたよ!

スポンサーリンク

AWS のページから過去の履歴をみてみよう

AWSのページから [Cost Explorer] -> [Saved Reports] -> [Monthly costs by service] をみてみると…

20180706_aws-03.png

は! 今年の2月から課金されとる。

1💲( ドル ) プラス税金ぶんやな… ( ; )

1月ぐらいになんかメール来てへんかな?

しょうがないのでメールを確認してみる

来てました。しかも2回も。

20180706_aws-04.png

フムフムなるほどわからん。

つまり…

アカウントの無料期限が2018年1月31日に有効期限が切れます。

申し込み後12ヶ月間で有効期限が切れると…

さらに…

何もしないとリソースは引き続き実行され、リソースのためにクレジットカードに課金されます。

と書いてある。

そっかぁ!!12ヶ月すぎると無料期限が終わって、以後課金されるのかー!! ( 棒 )

これから請求されない為にどうすれば良いの?っと

たかが1ダラー、されど1ダラー。ほっとくわけにもまいりますまい。

さしあたり、AWS マネジメントコンソールからEC2管理画面にアクセスしてリソース状況を確認しましょう。

20180706_aws-05.png

リソースの使用状況をみてみると。

20180706_aws-06.png

「0 個の実行中にインスタンス」とある… EC2インスタンスは停止していても課金されるのね…

おそらく EC2 インスタンスのみ削除すれば今後課金はされないと思われるが、一応作成したリソースは全て削除することとする。

以下の順で消していく。

  1. ボリュームアタッチの解除
  2. ボリュームの削除
  3. EC2 インスタンスの削除
  4. セキュリティグループの削除
  5. キーペアの削除

ボリュームアタッチの解除

“1個のボリューム” をクリック。

20180706_aws-07.png

ボリュームをチェック (チェックボックスをクリック)して、アクションより “ボリュームのデタッチ” を選択する。

20180706_aws-09.png

“デタッチする” をクリック。

20180706_aws-10.png

スポンサーリンク

ボリュームの削除

次にボリュームの削除。

続いて、アクションより “ボリュームの削除” を選択する。

20180706_aws-11.png

“はい、削除する” をクリック。

20180706_aws-12.png

ボリュームはしばらく残っていますが、いつの間にか消えます。

EC2 インスタンスの削除

いよいよ EC2 インスタンスを削除します。

“0 個の実行中のインスタンス” をクリックして…

20180706_aws-13.png

アクションより “インスタンスの状態” ⇨ “削除” を選択する。

20180706_aws-14.png

こんなメッセージが出ますが “はい、削除する” をクリックします。

20180706_aws-15.png

ステータスが terminated となればひとまずOK。時間経過とともに削除されるはず。

20180706_aws-16.png

セキュリティグループの削除

デフォルトのセキュリティグループは削除できないので、自分で作成したリソースのみ削除します。

“2 個のセキュリティーグループ” をクリックして…

20180706_aws-16-02.png

削除対象のセキュリティーグループを選択し、アクションから “セキュリティグループの削除” を選択します。

20180706_aws-17.png

“はい、削除する” を選択します。

20180706_aws-18.png

スポンサーリンク

キーペアの削除

最後にキーペアを削除します。( 順番はあまり気にしないで良いような気もしますが… )

“1 個のキーペア” をクリックして…

20180706_aws-19.png

キーペアはアクションではなく、直接 “削除” ボタンをクリックします。

20180706_aws-20.png

“はい” をクリックします。

20180706_aws-21.png

EC2 ダッシュボードに戻るとこうなりました。

 

EC2インスタンスは、時間経過とともに消えていました。

また、デフォルトのセキュリティグループは消すことができずに残ってしますが、良しとして様子をみる事とします。

まとめ!

インスタンスごと消してしまいましたが、必要になったらまた作れば良し。

また、1ヶ月後今回の結果について報告したいと思います。

なめろうでした!

保存保存

保存保存

スポンサーリンク

ボタンをクリックして記事をシェア! ¶(⁄•˅̮•∖)⁋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)