W
木材・石・貝殻のおすすめ iPhone ケースブランド

【2019年版】 おすすめルービックキューブ5選!【人気モデル】

ルービックキューブ大好き!すし😇なめろう ( @namero_sushi ) です!

実はなめろう、ルービックキューブを6面揃えられます。

かれこれ…1ヶ月前のことですね。

ウチのムスッコがルービックキューブをやりたいと言うので、早速キューブを買って来ました。

6面の揃え方を調べたところ、案外すぐにできるようになりました。

いや面白いです!

揃えられるようになるとスピードアップしたくなりますし、もっと手順を覚えたくなります。

そして新しいキューブを探すのも楽しい!

こんな面白い趣味があったの!?今まで損していた気分です。

さて今回は、2019年版是非とも欲しいおすすめのルービックキューブ5選となります!

その前に、ルービックキューブを選ぶにあたって基礎的なところだけ押えておきましょう。

初めてのルービックキューブ購入時の基礎知識

私自身よく調べもせずにルービックキューブを買ってしまい、あとで買い直す事になりました。

みなさまには最低限の知識を押さえておいていただき、同じ轍を踏まないようにしてもらいたいです。

ルービックキューブはどこで買える?

ルービックキューブはどこで買えるのでしょう?

もちろん Amazon 楽天市場 Yahoo ショッピングなど、各 Eコマースサイトで買うことができます。

なめろうのおすすめは Triboxストア ( トライボックスストア )。

参考 triboxストアtriboxストア

Tribox  ( トライボックス )は日本におけるキューブパズルの総本山的なサイトです。

このサイトを押させておけば、キューブの最新情報など漏らさずチェックできるでしょう。

輸入品が多いキューブパズルは、不良品が混じることもあります。

Triboxストアでは、フラッグシップモデルは出荷前にしっかり検品し、不良品を出さないようにしている様子なんですよね。

多くのトッププレイヤーの方々ももちろん、趣味で楽しんでいらっしゃる方がこちら「Triboxストア」で入手しているのではないでしょうか。

なめろうはキューブはTriboxストアと決めています。

競技用ルービックキューブ・スピードキューブとは

ルービックキューブを調べると「競技用キューブを買いましょう」と書かれていることが多いです。

ただし、ほとんどのキューブが競技用として販売されています。

正直なところ競技用として販売されていても、競技用と謳えるほどの性能を備えているかはわかりません。

ではルービックキューブはどのように選ぶのが良いでしょうか?

答えは「有名な、中華キューブブランドの最新型モデルを書いましょう」です。

「中華ブランド?」

正直そう思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ところが、スピードキューブの世界では中華のルービックキューブが席巻しています。

残念ながら我が日本メーカー製品の付け入る隙はない状況。

しかしその中華のキューブ、製品の性能が素晴らしく、そしてデザインも良い!

ここは素直に中華ルービックキューブを選択してはいかがでしょうか?

さらにマグネットを内蔵した磁力アシストタイプのキューブを買えば間違いないでしょう。

正規品ルービックキューブはどちらかというとパズル向き

「ルービックキューブ」という名称は、メガハウス社の登録商標となっています。

つまり正規品としての「ルービックキューブ」はメガハウスから販売されていることになりますが…

ところでこのメガハウス製の「ルービックキューブ」ですば、競技用とは言い難い商品。

商品として悪くはないと思うんですが…

回りが硬くて、どちらかというとパズルとして楽しむ「ルービックキューブ」ですね。

もちろん本来「ルービックキューブ」はパズルなのですからそれでも良いのですが、スピードを競うスピードキューブの場合は、別におすすめの製品がありますよ。

と言うことですね。

ステッカーレス・ルービックキューブ

ルービックキューブ は少しずつステッカーレスと言われるデザインが主流になってきています。

一方、ステッカーレス以前のデザインはステッカータイプと言います。

ステッカータイプ

ステッカーレス

ステッカータイプは馴染みのある、昔ながらのルービックキューブ ですね。

何が違うのでしょうか?

ステッカータイプと、ステッカーレスタイプの違い

ステッカータイプはその名の通り、各ブロックにステッカー ( シール ) を貼り6色の面を分けるタイプ。

一方ステッカーレスタイプは、ステッカーは貼られておらず、素材自体の色で6色が分けれらています。

実はこのステッカーレスのキューブは、2015年6月まで公式大会での使用が認められていませんでした。

2015年7月1日のルール改正により、ステッカーレスも使用可能となったそうです。

ステッカータイプと、ステッカーレスタイプそれぞれのメリット

ステッカータイプのメリットは以下となっています。

ステッカータイプのメリット

  • 傷や汚れがついた場合にステッカーを張り替えられる
  • 表面に段差があり指がかかりやすい
  • 品揃え・商品が多い

ステッカーレスのメリットは以下となっています。

ステッカーレスタイプのメリット

  • ステッカーが剥がれる心配がない
  • 色のついた面が大きく、色を識別しやすい
  • ステッカーレスタイプの商品も増えてきている

それぞれキューブを回した際の性能に差はございませんので、どちらを選ぶかは好みの問題ですね。

ちなみに私は断然ステッカーレス派!

面を識別しやすいと書きましたが、色を目で追いやすく、目的のキューブを探しやすいと思います。

今すぐにでも欲しい!おすすめのルービックキューブ5選

さて、ここからなめろうおすすめの ( 欲しい ) キューブを5位から順に紹介して行きましょう。

Triboxストアの他、各Eコマースサイトも紹介しておりますのでご安心ください。

なお全て磁力アシスト機能を搭載しているキューブをチョイスしました。

DaYan TengYun 3x3x3 M Stickerless (ダイアン テンユィン ステッカーレス)

DaYan TengYun 3x3x3 M Stickerless (ダイアン テンユィン ステッカーレス) 。

DaYan は 2010年から2013年ごろに、競技用キューブブランドとして一世を風靡していました。

ここ数年新製品を出していなかったようですが、2019年 DaYan 復活!

本製品は復活後の第一弾キューブとなります。

値段もお手頃で、Triboxストアでも売り上げ上位に上がっていますね。

YuXin HuangLong 3x3x3 M Stickerless (ユーシン ファンロン エム ステッカーレス)

スピードキューブ3大ブランドといえば、GANCUBE ( ガンキューブ )、QiYi ( チーイー ) 、MoYu ( モーユー ) が有名です。

YuXin ( ユーシン ) はこの3大ブランドを追撃するべく、高性能キューブの’提供に挑戦するブランド。

お値打ち価格で、3大ブランドの性能に迫ります。評価も高い!

これも欲しい!

Yuxin HuangLong 3x3x3キューブ (ステッカーレス)
Yuxin

MoYu WeiLong GTS3 M Stickerless (モーユー ウェイロン ジーティーエススリー エム ステッカーレス)

出ました 魔域文化 ( Moyu ) の最新フラッグシップモデル、GTS3 M  (ジーティーエススリー エム ) です。

Moyu は 事実上のトップブランドである、GANCUBE の次に位置するメーカーと言えます。

トッププレイヤーにもユーザーが多いキューブ。これも欲しい!

QiYi Valk 3 Power M Stickerless (チーイィ ヴォーク スリー パワー エム ステッカーレス)

3大ブランドの一角を担う QiYi の最新モデル Valk 3 Power M ( ヴォーク スリー パワー エム ) です。

安定感と耐久性に定評がありながら、柔軟性も併せ持つ高級キューブと言えましょう。

GANCUBE GAN356 X Numerical IPG Stickerless (ガンキューブ ガン スリーファイブシックス ヌーメリカル アイピージー ステッカーレス)

出ました!真打ち登場ですね。

ちょっとお値段が張る商品ですが、正直これ買っておけば間違いない!

全てのキューブブランドの中でもフラッグシップ中のフラッグシップと言えると思います。

前方位死角なしといったところでしょうか?

まとめ!

冒頭、6面の揃え方を調べてすぐにできるようになったと書きましたが、今時ブログや、Youtube などで揃え方がさんざん説明されています。

レクチャー通りにやって、手順さえ覚えれば誰でも簡単にできます。

小学生でも、もちろんウチのムスッコ ( 小学校三年生 ) もちゃんと揃えられます。

で、私の自己ベストですが今のところ…70秒…おそい。

なんとか1分を切りたいこの頃ですが、ムスッコは2分ぐらいで揃えている様子ですぐに追いつかれそう。頑張らねば。

思えば40年ぶりのルービックキューブです。

ルービックキューブの最初のブームは1980年。なめろうが中学生ですね。

そのころは自力で揃えるのが主流で、マニュアルなどを見るのは邪道と言った雰囲気でした。

実は私、当時なにげに自力で6面揃えていたのですが… 今考えればありえない!

それはまた別のお話しですね。また今度書いてみます。

すし😇なめろう ( @namero_sushi ) でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)