Garrettのポップコーン”キャラメルクリスプ”買ってきたよ!甘いの大好き?

スポンサーリンク

なめろうです!

今日の話は、なめろうの大好物の話ですが、実は…なめろうはちょっと甘党です…
多くは申しませんが…キャラメルポップコーンが大好きです。

ポップコーンは、キャラメルっす!
しかもうっすらフレーバーではなくて、カリカリになるまでキャラメルが、
コーティングされている、大甘なタイプが大好き!
でも多分みんなそうですよね!絶対!…

すみません…危うく激昂するところでした。落ち着きます…

例えば、セブンのプレミアム キャラメルポップコーン…

7118289f0652c9001b66f729e68c1898d5fe2506_l

これこれ!こういうタイプ!
コンビニでいつでも売っているのでキケンですね。
なめろうは好物すぎて、これも封印しています。
( なめろうは好物すぎるものを、結構封印しています…この話は後日 )

あと、なめろうが好きなのはイオンシネマで売っている「キャラメル&プレッツェル」!

001l

これも良い!
ポップコーンと、プレッツェル!もちろんキャラメル味!
当たり前ですが、どちらもたっぷりコーティングされていて、
なめろうど真ん中!…またしても!

イオンシネマでは、必ず買います! 映画よりも「キャラメル&プレッツェル」!
花より団子、映画よりキャラメル?

それでですね。
世の中に数あるキャラメルポップコーンでも、キングオブキングス!
キャラメルオブキャラメル!
その外のポップコーンの存在価値を全て打ち消してしまう様な、
キャラメルポップコーンがあります…ご存知でしょうか。

「 Garrett のポップコーン ”キャラメルクリスプ” 」

Garrett-Blue CaramelCrisp®

言うなれば、キャラメルポップコーンの白眉!
例えるなら、キャラメルポップコーンの世界の麒麟児!
甘党の星!スターオブスウィーツ!フゥオォーーーーーー!!(流行のRH)

まあつまりなめろうは甘党でキャラメルポップコーンがあまりにも大好物で封印しておりその中でもGarrettのポップコーン”キャラメルクリスプ”があほほど好きですと言いたいわけですよ普通に…

で、どれだけ好きか!
なめろうが、このGarrettのポップコーン”キャラメルクリスプ”がどれだけ好きか…
と申しますと。
主食にしたいぐらい…ううう

お米の代わりに、お茶碗によそいたいぐらい…
もしくは、ご飯にまぶして食べたい…

例えば、一週間 Garrettのポップコーン”キャラメルクリスプ” と、水入らずで暮らしたい。誰にも邪魔されたくない。

現実的に言えば、GarrettのポップコーンのLサイズを買ってきたとして、
1日誰とも会わずに家に引きこもって、貪りたい!

おそらくですね…私、本当に永遠に頬張り続けられると思うんです。
キリがないのです。で、封印しました!
もう基本食べない事に決めてます!諦めるしか食べない方法がないのですね。

今日は、そんな大好物のGarrett”キャラメルクリスプ”のお話です。
要は、Lサイズを一袋買ってきました… あぁ…
うちはみんな好きなので、家族で取り合いになりましたよ…

まずはご説明ですね…
前置き長ぁ!ナガァッ!

ギャレット ポップコーンとは

例によって引用です。

シカゴ発ちょっと贅沢なポプコーンショップ!

ギャレット ポップコーン ショップス®は、アメリカ・シカゴに創業以来、65年以上にわたり最高品質のポップコーンを提供するために、良質のトウモロコシを育てるところからこだわってきました。
ギャレット ポップコーンだけのために、契約農家によって栽培されている大粒のトウモロコシはノンオイルでエアポップさせたものを使用。2種類の品種をミックスし、ふんわりサクサクとした軽い食感に仕上げています。
鮮度が命のギャレット ポップコーン、私たちは毎日お店のキッチンで少量ずつ丁寧に手づくりすることを大切にしています。

Garett ギャレット ポップコーン ショップス とは

ですって!

伝統の味と製法を日本でも!

この、新鮮なできたてのポップコーンに、しっかり熟成させた濃厚チェダーチーズをたっぷり溶かしたソースと絡めたのが「チーズコーン」。銅製の釜で原料からとろとろに煮詰めたキャラメルをコーティングしたのが、カリカリとした食感と深い味わいが自慢の「キャラメルクリスプ™」。
この2つの味をお客様の目の前でその場でミックスすると、世界中の店舗で不動の人気を誇る「シカゴ ミックス®」となります。
できたての甘い香りが外にまで漂う店舗では、毎日「シカゴ ミックス®」をつくる音がシャカシャカと楽しく響き渡ります。
ひとたび口にすると笑顔がこぼれ、思わず人にすすめてしまいたくなるこの味。きっとあなたの想像を超えるポップコーンがここにあります。

Garett ギャレット ポップコーン ショップス とは

なるほどなるほど!

ギャレット ポップコーンの歴史

例によって引用です。

「ギャレット ポップコーン ショップス®」は、アメリカの中央に位置する大都市シカゴで1949年に誕生しました。創業以来3世代にわたり、秘密のファミリーレシピを厳格に守り続けています。
秘伝のレシピが生まれたのは、ギャレット ファミリーが一同に会して行われた、キャラメルポップコーンのレシピ品評会でのこと。そこで一際注目を集めたのが、今までに食べたことのない独特の風味とカリカリ感が特徴のポップコーン。彼らはそれを「キャラメルクリスプ™」と名付けました。

Garett ギャレット ポップコーンの歴史

フレーバーは7種類ありますが、主力のフレーバーは以下の二つだと思いますので、
これだけ押されれば大丈夫!
・キャラメルクリスプ
・チーズコーン

その基本の2種類をミックスしたのが、もう一つのフレーバー!
・シカゴミックス

たまにスーパーで、キャラメルとチーズをミックスしたパッケージが売っていますが、
これはGarrettの真似?インスパイアだったんですね!納得。

でも、なめろうが興味あるのは、キャラメルクリスプのみ!
他には目もくれない…一生!

スポンサーリンク

キャラメルクリスプ買ってきたよ!

どこで買ってきたかは、今回は割愛。
問題はポップコーンであって、原宿の話ではないんで!
そこにはあえて触れません!

はい、今回買ってきたのは、キャラメルクリスプLサイズBagですね!
おおー!結構でかい!

IMG_9100

今回、最初から写真を撮りながら、懇切丁寧なレポートを考えていたのですが、
家族間で取り合いの様相を示し始め…奪い、Bagを隠し、抜け駆け、
裏切りが当たり前になり、あっという間にかさも減ってしまいました。

落ち着いて、写真が撮れる様になった頃には、
ちょっとしょぼい感じになりましたよ!

IMG_9102

もう半分以下になっていますね…
これ探しんたですよ…なぜか寝室の押入れの奥に隠してありました…

写真だど大きさがわかりませんが、結構でかいパッケージ…
値段を聞くと、高ッって思うと思いますが、量が多いので…

IMG_9098

裏面はこんな感じです。伝統を感じるパッケージですね。

IMG_9105

お皿に持ってみました。
うはっ!うまそう!

そう!このキャラメルで、表面につやが出る感じ!
以下にもたっぷりと、こってりコーティングされているのがわかります。
口に入れた時の、ファールトインプレッションが想像つきますね!
助かります。

まあ食べてみましょうよ…

キャラメルクリスプ食べてみたよ!


美味しいですね…
うーむ…
まず、キャラメルコーティングが、想像通り歯にカリッと楽しい!
そうそう…結構甘いんです!当然キャラメルですからね、ちょっと苦味のある甘み!
想像通りのこの甘さ!甘い物好きなんだな!オレ!

そして、この甘さと、甘さを引き立てる、塩味ですよね!
結構、ソルト!塩味が効いてます。
塩味がしないと、味が引き締まりませんね。
この塩味!塩味の効果に、アメリカ人も何十年も前から気がついていたって事なんですね。
塩の甘さ、効果を知っているのは日本人だけかと思いっていました…
やるな、メリケン人!さすが、ヤンキー!
見習います!

いやいや美味しい…止まらない…
もう一度写真を貼りますね。

IMG_9104
このツヤ!どうですか?

もう間も無く…今日中にはなくなっちゃいますね。
( 食べちゃいますね )

封印なんて言っていないで、また買ってきます!

では!

スポンサーリンク

ボタンをクリックして記事をシェア! ¶(⁄•˅̮•∖)⁋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)